menu

GREEN SPOON

my
Special interview Special interview Special interview
Special interview
Special interview Special interview Special interview
Special interview

モデルとして第一線で活躍する冨永愛さん。2021年に出版した書籍「美をつくる食事」のなかでは、自身の食事術を綴っています。普段の食生活にGREEN SPOONを取り入れている冨永さんの、「食」に対する考え方やGREEN SPOONとのコラボ商品についてのこだわりを伺いました。

身体は「食」でつくられる

冨永さんにとっての「食」とは。ご自身の考えを教えてください。

身体の細胞は食べるもので作られます。=食べるもので美が作られると考えているので、私にとって「食」は仕事とイコールなんです。

モデルという職業だからこそ、気付かされることが多いと思いますが、特に意識するタイミングがあったのでしょうか。

私が息子を出産した時に、まず思ったことは安心で安全なものを食べさせてあげたいということでした。それがきっかけでオーガニックのものを選んだり、身体に悪いものはなるべく避けるようにしてきました。

メリハリをつけて、食べたい時は楽しく食べる「ハレとケ」の食事

職業柄ストイックなイメージがありますが、普段はどんな食生活をされているんでしょうか。

そんなにストイックなつもりはないのですが、日本の食文化「ハレとケ」の食事でメリハリをつけています。
ハレの時は、友達とご飯を食べて楽しく過ごします。例えば焼肉でもいいし、フレンチのフルコースでもいいですね。ケの日は、家で季節の食材を使って、一汁一菜くらいで終わらせることが多いです。

食べない選択をするのではなく、「何を食べるか」の選択をする

Special interview

今回ご一緒させていただくなかで、本当に「食」を楽しまれていて素敵だなと思いました。

せっかく人間の三大欲のひとつが「食べること」なのですから、抑えすぎたり「食べちゃいけない」という気持ちで食べるのは、心の健康にも良くないと思うんです。たまには食べたいものを、罪悪感なく美味しく食べる。
ただ、私は皆さんから見たら制限の多い食生活をしてると思うんです。けれども、食べない選択ではなく、「何を食べるか」を選択するようにしています。今の自分の身体が何を欲しているか、自分の身体に耳をすませたりします。その選択には必ず「美味しいから」がついてくるのですが、身体だけでなく心にもヘルシーな選択をするようにしています。

夜遅くても「ヘルシーな食事」を叶える
GREEN SPOON

「食を選択する」という話が出ましたが、冨永さんがプライベートでGREEN SPOONを利用いただいていることがコラボ企画のきっかけとなりました。冨永さんから見たGREEN SPOONの良さはどんなところでしょうか。

まず冷凍のお惣菜で無添加なものって、ほとんどないですよね。あっても種類が限られていたり、私が求めているようなものがなかったのです。
私が冷凍食品を使う時って、時間がない時や、帰りが夜遅くなってしまった時に、簡単に用意できて身体に優しいものが欲しいとか。そういう時です。
そんな時にGREEN SPOONに出会って。これだったら、家に帰って疲れていてもレンジで簡単に食べられるし、身体にもいいから罪悪感もない。バッチリじゃん!と思って、定期便でお願いするようになりました。

冨永さんのSNSで、フォロワーさんからご質問されてご紹介してくださっていましたね。

そうですね、「忙しい時に何を食べますか」という質問だったと思います。 本当に今までにない商品だから、よくぞこのような商品を作ってくださったなって思っていて。

冨永さんのおすすめ
GREEN SPOON

Minesu&Rone

濃厚トマトと野菜をリッチに味わう
特製ミネストローネ

もう一品食べたい時や、作りたいけど疲れている時に役立っています。チーズを入れると美味しいです。

Tadaima

西京味噌の上品な甘みがおいしい
具だくさん豚汁

つかれた時に心も身体もほっこりする豚汁で、重宝しています。

Green Day

7種野菜の塩麹グリーンサラダ

「塩麹」に惹かれました。忙しい時のあと一品、野菜が足りない時に便利です。

「塩白菜のすっぱい発酵鍋」と「湯葉と切り干し大根のピリ辛酸辣湯」

今回のコラボにあたって、特にこだわったことを教えてください。

せっかくご一緒させていただくのであれば、より良いものを作りたいなと思っていました。
私は発酵食品が大好きなので、GREEN SPOONさんと一緒に何か発酵をキーワードに商品を作れたらと話していました。
私は本当にアイデアをお出しするだけで、着々と素晴らしいものができていきました。

商品化したスープの1つ「塩白菜のすっぱい発酵鍋」は、冨永さんの書籍「美をつくる食事」にも登場していますね。「塩白菜のすっぱい発酵鍋」と「湯葉と切り干し大根のピリ辛酸辣湯」、なぜこの2つのレシピを選んだのでしょうか。

塩白菜のすっぱい発酵鍋は、冬になると自分でよく作っていて気に入っているものです。酸辣湯も大好きで、本当はラーメンを入れたいところですが難しく。そこでラーメンのような食感を切り干し大根で実現してくださり、その手があったか!という感じ。私にとっても面白い発見になりました。
二つとも身体も温まるしとってもよい食事だと思っています。

皆さんの生活と心身をよくする一歩になれたら

実際にコラボをしてみてGREEN SPOONはどんな印象でしたか?

もともと、凄くこだわって作っていらっしゃるんだろうなと思っていたのですが、より深いこだわりがあるんだなと。豆腐はこの大きさでこの食感がすごく美味しいとか、アスパラのカットサイズ・太さや産地による味の違いとか、皆さん目をキラキラさせてお話しされていて。
そういう思いが詰まっているから、GREEN SPOONは美味しいんだなと思いました。

最後に、今回の商品をどのように楽しんでいただきたいでしょうか。

どなたでも楽しんでいただける味になってると思いますし、食にあまり興味がない人でもとっても簡単に作れます。
この商品を通じて、GREEN SPOONさんの理念や、冨永愛の考えを感じてもらえたら嬉しいです。
皆さんの生活と心身をよりよくするための一歩になれたらいいなと思っています。

冨永愛

17歳でNYコレクションにてデビューし、一躍話題となる。以後、世界の第一線でトップモデルとして活躍し、今年で25周年を迎える。モデルの他、テレビ、ラジオ、イベントのパーソナリティ、俳優など様々な分野にも精力的に挑戦。日本人として唯一無二のキャリアを持つスーパーモデルとして、チャリティ・社会貢献活動や日本の伝統文化を国内外に伝えるなど、活躍の場をクリエイティブに広げている。公益財団法人ジョイセフ アンバサダー、エシカルライフスタイルSDGs アンバサダー(消費者庁)、ITOCHU SDGs STUDIO エバンジェリスト